文部科学省 平成29年度 大学の世界展開力強化事業 ~ロシア、インド等との大学間交流形成支援 ライフケア分野における日露ブリッジ人材育成: 主に極東地域の経済発展を目的として

NEWS・お知らせ

ロシア人留学生向けに日本の健診制度を学ぶインターンシップを実施

東海大学医学部付属病院健診センターと国際教育センターでは2月8日、9日に、ロシア人学生が日本の健康診断制度を学ぶインターンシッププログラムをオンラインで実施しました。本学が文部科学省の平成29年度「大学の世界展開力強化事業」の採択を受けて展開している「ライフケア分野における日露ブリッジ人材育成-主に極東地域の経済発展を目的として-」の一環で実施しているもので、日本の健診制度の実務を経験し、理解を深めることが目的です。今回は、2020年秋学期から中期・長期交換留学プログラムで受け入れている極東連邦大学とモスクワ国立総合大学、国立研究大学高等経済学院、サハリン国立総合大学の留学生10名が参加。医学部付属病院のある伊勢原キャンパスの教室から講義をオンライン配信し、留学生は、宿舎の本学国際交流会館から受講しました。

 

インターンシップでは、医学部付属病院健診センター所長の椎名豊教授(総合診療学系健康管理学)と高清水眞二准教授(同)、藤井幸子師長をはじめとする保健師・看護職員による講義を受講。健康状態を確認する「健康診断」と病気の有無を調べる「検診・検査」の違いをはじめ、日本における健診制度の歴史、同センターで実施している健康診断の特徴や検査項目について学びました。また学生たちがロシアにおける健診制度の調査と同センターのPR策を企画するワークショップも実施しました。