文部科学省 平成29年度 大学の世界展開力強化事業 ~ロシア、インド等との大学間交流形成支援 ライフケア分野における日露ブリッジ人材育成: 主に極東地域の経済発展を目的として

NEWS・お知らせ

ロシア人留学生を対象にした中期・長期交換留学プログラムを実施

東海大学ではロシア人学生を対象にした中期・長期交換留学プログラムを、昨年10月から実施しています。文部科学省の平成29年度「大学の世界展開力強化事業」に採択された「ライフケア分野における日露ブリッジ人材育成―主に極東地域の経済発展を目的として―」の一環で、今年度はウラジオストクの極東連邦大学とサハリン国立総合大学、モスクワにある国立研究大学高等経済学院(HSE)から10名が参加。新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受けて、9月から11月までの間は、ロシア国内から東海大の授業をオンラインで受講し、12月からは湘南キャンパス近くの宿舎に入って勉強を続けています。

 

学生たちはオンデマンドとライブ配信の授業で公衆衛生学や生化学といったライフケア分野のほか、流通経済論やマーケティング論などの国際ビジネス、日本文化や日本語などの授業を英語と日本語で受講しています。

 

HSEのイリーナ・クツェンコさんは、「日本語と日露関係について日本の大学で学べる貴重な機会だと思い参加しました。日本社会や人間の安全保障、健康と環境など多彩な授業を通して、健康にかかわる地域社会や経済、環境といった要素について学ぶことができました。将来国際的な企業で働くために有意義な知識を得られるだけでなく、ライフケアをはじめとするさまざまな分野で日本とロシアをつなぐ架け橋になるプログラムだと感じています」とコメント。極東連邦大のフェドロヴァ・アレクサンドラさんは、「日本の大学で学びたいという夢を持っており、先生からの勧めでこのプログラムに参加しました。一般的なヘルスケアやロシアとの比較について関心が高まり、日本の文化や日常生活への理解が深まったプログラムだったと感じています。日本のヘルスケアへの知識が深まったことは、私の卒業研究にも役立ちますし、企業で活躍するためにもここで培った日本語と英語のスキルは役立つと思います」と話しています。